建築設備関係資格を勉強するブログ

建築設備関係資格を中心にいろいろな資格取得をめざすブログです。

第二種電気工事士

電気設備設計をするために必要な資格は?

電気設備設計をこれから始めたいと思っている人や電気設備設計を突然任されて訳が分からない人のためにお勧めの資格を紹介します。

基本的には電気設備設計をするのに資格は不要です(厳密には建築士の資格が必要)
知識さえあればCADを使って書くことができます。

電気設備設計を仕事をしていて何に気を付けないといけないかというと「してはいけないこと」に注意しながら書かなければならないところです。
電気設備で言えば電気設備の技術基準や内線規程で細かくきめられています。
このなかに「してはいけないこと」などが細かく書かれていますが、その「してはいけないこと」さえしなければ設計は自由です。あとは合理的であるか合理的でないかは設計者の判断や予算によってきます。

そういった「してはいけないこと」を手っ取り早く知識として身に着けようとおもうと、資格の取得がすごく便利です。
よく使う重要な決まり事などを中心に勉強することができます。

オススメ資格は以下です。
◎絶対おすすめ
〇おすすめ


◎「第二種電気工事士」
私は、この資格で電気の基礎の勉強をしました。実技もありますしスイッチ回路の必要な電線本数もわかるようになりますし、基本的に電気設備設計の仕事は低圧部分を書くことが多いので、低圧部分の資格である第二種電気工事士の試験内容がぴったりです。

〇「第一種電気工事士」
まずは、第二種電気工事士を取得することをお勧めします。内容的には第二種とかぶっていたりしますが、高圧部分についての知識を得ることができます。それなりに電気設備設計をまかされるようになると高圧部分の設計をしなくてはならなくなってきます。高圧部分のいってもほとんどキュービクルやPASの部分になりますが、そこで必要となる機器など「してはいけないこと」をきちんと押さえられます。ただ、この資格は受験はだれでもできますが、免許証発行には現場工事の実務経験が必要です。電気設備設計では実務経験にならないので私は合格証書のみ所持しています。免許証を取得すると数年に1度の定期講習を受けなければなりません。

◎「消防設備士 甲・乙4類」
この資格で自動火災報知設備について深く勉強することができました。この時勉強した知識は非常にやくにたっています。5年に一度講習を受けなければなりませんが、消防の講習は建築士の講習より有意義な気がします。消防法の変更点など丁寧に教えてくれるので知識のアップデートができてよいです。できれば乙種よりも甲種を取得することをおすすめします。甲種は製図試験もありますので。

以上の3つの資格を取得すると結構な範囲の電気設備設計図を描くことができるようになります。
もちろんこれだけではわからないことだらけのままです。
毎回、新しい物件の仕事は悩みます。必ずわからないことにぶつかります。
なので日々勉強しないといけないなと思ってます。

今は電気の知識の土台を固めたいとおもって電験三種取得をめざしてます。


第二種電気工事士

第二種電気工事士は私が電気設備設計の仕事をはじめてから取得した資格です。

電気設備設計を任されるようになったときは、ほんとうに電気のこともまったくわからず直流と交流すらもきちんと理解していない状態で仕事をしていました。

なんとか電気を理解して仕事をしていかないといけないとおもって、当時はいきなり電験三種を受けるつもりで参考書等をそろえたりしたのですがあまりの難しさに挫折しました。
電気関係の入門的な資格はないかと検討していたところ、受験資格も特になく低圧部分を実際に扱う人のための資格があるとしって、第二種電気工事士を取得しました。

今の電気関係の知識の基礎になっていて、比較的簡単な資格ではあるのですが比較的私にとって重要な資格になってます。直接電気工事をしているわけではないのでこの資格事態が役立っているわけではないですが。

第二種電気工事士は一次試験と二次の実技試験があります。一次試験は市販の参考書を勉強すればかなり簡単に合格することができると思います。
難関なのは二次の実技試験ではないでしょうか。

二次試験は実際にスイッチやコンセントを電源ケーブルに接続して、問題の通りの結線で完成させないといけないという試験です。しかも試験時間が短く余裕のない作業のなります。

二次試験を受けるためにはまず道具をそろえないといけません。道具をそろえて練習用の材料もそろえて、二次試験に公表されている問題を何度も練習しました。

練習材料は一式セットでネット通販などあるので一度さがしてみてください。

この時のスイッチの結線や単線図から複線図に変えて、、実際に組み立てていく作業は設計の仕事だけではなかなか見えてこないところ知ることができてすごく勉強になりました。

二種電気工事士の資格を取得してから実際に自分の家の換気扇スイッチをタイマーのものに交換してみたりしました。

そのあと第一種電気工事士の試験も取得したのですが、勉強方法などはほとんど二種と同じでした。
ただ、一種の場合は試験に受験資格はありませんが、免許をもらうには実務経験が必要なので工事の実務経験のない私は免許はもってません。一種の合格証書のみです。

電気工事などのインフラ関係の資格は就職に有利とも聞きますし。
比較的取得しやすい資格なので、人生の保険として取得しておくのもいいのではないでしょうか。



 
タグ絞り込み検索
QRコード
QRコード
google
記事検索
資格
*取得済資格*
●一級建築士
●二級建築士
●建築設備士
●2級電気工事施工管理技士
●第一種電気工事士(合格証)
●第二種電気工事士
●消防設備士 甲4類
●消防設備士 乙7類
●危険物取扱者 乙4類
●日商簿記 3級

*取得予定資格*
◎第三種電気主任技術者
〇第二種電気主任技術者
〇第一種電気主任技術者
◎技術士一次試験(電気電子)
〇技術士(電気電子)
〇エネルギー管理士
◎1級電気工事施工管理技士
〇電気通信工事担任者 総合種
〇電気通信主任技術者
◎設備設計一級建築士
◎ITパスポート
〇二級ボイラー技士
〇第三種冷凍機械責任者
Amazonライブリンク