建築設備関係資格を勉強するブログ

建築設備関係資格を中心にいろいろな資格取得をめざすブログです。

二級建築士

電気設備設計をするために必要な資格は?

電気設備設計をこれから始めたいと思っている人や電気設備設計を突然任されて訳が分からない人のためにお勧めの資格を紹介します。

基本的には電気設備設計をするのに資格は不要です(厳密には建築士の資格が必要)
知識さえあればCADを使って書くことができます。

電気設備設計を仕事をしていて何に気を付けないといけないかというと「してはいけないこと」に注意しながら書かなければならないところです。
電気設備で言えば電気設備の技術基準や内線規程で細かくきめられています。
このなかに「してはいけないこと」などが細かく書かれていますが、その「してはいけないこと」さえしなければ設計は自由です。あとは合理的であるか合理的でないかは設計者の判断や予算によってきます。

そういった「してはいけないこと」を手っ取り早く知識として身に着けようとおもうと、資格の取得がすごく便利です。
よく使う重要な決まり事などを中心に勉強することができます。

オススメ資格は以下です。
◎絶対おすすめ
〇おすすめ


◎「第二種電気工事士」
私は、この資格で電気の基礎の勉強をしました。実技もありますしスイッチ回路の必要な電線本数もわかるようになりますし、基本的に電気設備設計の仕事は低圧部分を書くことが多いので、低圧部分の資格である第二種電気工事士の試験内容がぴったりです。

〇「第一種電気工事士」
まずは、第二種電気工事士を取得することをお勧めします。内容的には第二種とかぶっていたりしますが、高圧部分についての知識を得ることができます。それなりに電気設備設計をまかされるようになると高圧部分の設計をしなくてはならなくなってきます。高圧部分のいってもほとんどキュービクルやPASの部分になりますが、そこで必要となる機器など「してはいけないこと」をきちんと押さえられます。ただ、この資格は受験はだれでもできますが、免許証発行には現場工事の実務経験が必要です。電気設備設計では実務経験にならないので私は合格証書のみ所持しています。免許証を取得すると数年に1度の定期講習を受けなければなりません。

◎「消防設備士 甲・乙4類」
この資格で自動火災報知設備について深く勉強することができました。この時勉強した知識は非常にやくにたっています。5年に一度講習を受けなければなりませんが、消防の講習は建築士の講習より有意義な気がします。消防法の変更点など丁寧に教えてくれるので知識のアップデートができてよいです。できれば乙種よりも甲種を取得することをおすすめします。甲種は製図試験もありますので。

以上の3つの資格を取得すると結構な範囲の電気設備設計図を描くことができるようになります。
もちろんこれだけではわからないことだらけのままです。
毎回、新しい物件の仕事は悩みます。必ずわからないことにぶつかります。
なので日々勉強しないといけないなと思ってます。

今は電気の知識の土台を固めたいとおもって電験三種取得をめざしてます。


設備設計と建築士資格

私は電気設備の設計を専門に仕事をしています。

電気設備の設計をしていて建築士の資格を持っていると驚かれることがあります。
一級建築士であることを知ると「なぜとったの?」と言われたことがあります。

私が一級建築士を取得したのは、設備設計技術者にとって最高峰の資格の一つである設備設計一級建築士を取得したいというのがあったのと、もう一つ建築基準法では建築の設計をできるのは建築士だけだからです。

建築の設計には建築設備も含まれています。
建築設備にはもちろん電気設備も含まれるわけです。
(いろいろな解釈があるようですが)

また、建築の設計を報酬をもらって行うためには、建築事務所登録をしなければならないことは建築士法によって定められています。
その設計にはもちろん建築設備も含まれるわけです。

でも、現実には建築設備の設計を専門としているような設計事務所では建築士事務所登録をしているところは少数ではないでしょうか。
登録していたとしても定年退職したような建築士の名義を借りて、ほとんど会社にこない建築士が管理建築士となっているこが多いのではないでしょうか。
実際に設計を行っている所員も建築士の資格はもっておらず、もっていても建築設備士や管理技士だけではないでしょうか。
建築設備士の資格は、建築士に対して設備のアドバイスができるだけの非常に弱い権限しかない資格です。
最近、2000㎡を超えると建築設備士からアドバイスを受けることが努力義務となりましたが、別に建築士は聞かなくていいわけです。

以前勤めていた会社の所長は、「一級建築士は意匠屋のためのもので、設備屋には不要だ」と設備設計一級建築士の制度ができたころは怒ってました。
設備設計一級建築士の制度ができる前でも、私は設備屋として一級建築士を取得するつもりでいましたから、設備設計一級建築士という制度ができたときはうれしかったです。

設備設計一級建築士を取得すれば設備屋の立場も向上されると思ったからです。

建築基準法上では、無免許無登録で行っている設備設計の仕事はグレーです。
グレーの設備設計の仕事を、厳密にクロとしてしまうと設備設計の仕事がまわらなくなってしまうでしょう。

でも、そんなグレーの状態で仕事をしていても私はすっきりしないし、ちょっとした建築業界の不祥事で今までグレーだったものなんて、簡単にひっくり返ってしまいます。
そんな足元のおぼつかない状態で仕事はしたくなかったですし、もっと堂々と設計の仕事がしていきたいと思っていたので一級建築士を目指しました。

設備設計一級建築士という制度ができたのですから、設備設計を専門としている人たちはこの資格をめざして、制度の土俵にのって足元を固めて仕事をしていくべきだと思います。
この制度がおかしいと思うのであれば、土俵の上にのって戦うべきです。
土俵のしたからでは戦うことはできません。

設備設計の業界に入ったばかりの方は、設備設計一級建築士をめざしてほしいとおもいます。

私はまだ設備設計一級建築士の受験資格がないのですぐには取得できませんが、将来的に絶対取得したいと思ってます。

設備設計の地位がもっともっと向上していってほしいとおもってます。










平成28年度の二級建築士学科試験

平成28年度の二級建築士学科試験が終わりましたね。

学科試験の結果はみなさんどうでしたでしょうか。
私が二級建築士の学科試験を受けたのはずいぶん前になりますが、法規の試験は法令集持ち込みありなので完全になめていて他の科目よりも勉強せずに臨みました。
そしたらまったく時間がなく最後の最後に「えいやっ」の100%適当にマークしたのがあっていて、足切ぎりぎりの13点で合格したのを覚えてます。
他の教科については答え合わせしてましたがわすれてしまいました。

なので二級建築士の学科は運で合格したようなものです。法規が13点でしかも時間がなくて適当にマークしてたのが正解してたという。不正解だったら法規の足切で不合格だったのですから。

学科は一発で運で合格しましたが、二次試験は一回目は不合格でした。
練習も十数枚しかしないで完全になめて臨んだので当然の結果だったのでしょう。

二次試験の製図ですが、二級建築士の場合ほとんどの人は製図試験がはじめてだとおもいます。
なので独学での合格を目指している方も多いと思いますが、私は製図試験には独特のノウハウのようなものがあるので資格学校などへ通うことをおすすめします。

製図試験は早く書くことが非常に重要です。早く書くことができればそのぶんエスキスに時間をかけることができます。エスキスできちんとしたプランを仕上げることが試験合格には必要なので、エスキスはなかなか早くならなくても図面を書くほうは練習すればするほど早くなります。
あとはコツなのですが、そこらへんは資格学校などがノウハウをもっています。
きちんとしたテクニックを使うことで時間短縮にもつながります。

時間短縮のコツとしては、極力道具の持ち替えをすくなくする。
シャープペンシルはまったく同じ製図用のものを3本買いました。壊れた時や芯がなくなったときにすぐに持ち替えられるようにと、同じものにしたのは持ち替えたときに使い心地が変わるのがいやだったので。
最初は0.3などのシャーペンを用意して持ち替えてましたが、やはり時間短縮には極力無駄な持ち替えを省きたいというのがあって0.3はやめて0.5のBのみで、細線や太線を表現するようにしました。
もともと私は筆圧が強く、全部の線が濃すぎると注意されてたのでHBでも全然濃くかけたのですが最終的にBにしました。
三角定規も持つところがついてて、製図試験では有名なバンコの三角定規をつかいました。
持つところがついてるというのはすごく使用しやすいです。三角定規はこれ一つ、他の一辺が長いものなどを使い分ける必要はありません。

極力使用する道具の数を減らすのも製図スピードアップの秘訣の一つだと思うので、自分の使いやすいもので最終的には絞り込んでみてはどうでしょうか。

私が使ったシャーペンと三角定規(一級建築士試験の時もつかいました)


 

平成28年度の二級建築士設計製図試験の課題発表

平成28年度の二級建築士設計製図試験の課題が発表されました。

課題名「景勝地に建つ土間スペースのある週末住宅(木造2階建て)」

です。詳細は建築技術教育普及センターにてご確認ください。


一級建築士の試験は製図一発合格でしたが、二級建築士は製図試験に一回おちて二回目の受験で合格しました。
一回目の製図試験は、作図する試験はまったくのはじめてなのもあってどれくらい勉強したらいいのかもわからず、完全に製図試験を舐めて受験してしまいました。

なので一回目は作図の練習は16枚ほどしかせずに試験にのぞみ、練習ではであったことのないような問に出会って慌てることになりエスキースがまとまらなくてエスキースが決まらないうちに考えながら矩計から書き始めるということになってしまいました。
矩計図はどんな平面でも合うようにほぼ暗記部分だったので、エスキースが決まってなくても書き始めることができました。
面積が要求の最低限にぎりぎり収まるような無理な設計になってしまいました。
結果はたしかⅡランクで不合格でした。

一回目の不合格で製図試験はどういうものなのかがわかって、どういう勉強をしないといけないかというのも分かった気がします。それがのちの一級建築士試験にも役立ちました。
一級建築士をめざいしていて、実務経験のみで即受験できるような方でも、まず二級建築士を受けるのをお勧めします。

二回目は一回目の反省を踏まえて作図練習は50枚近く書きました。二回目も一回目と同じ木造二階建てでした。
目標50枚だったのですが、それにあと数枚届かなかった感じです。一級建築士もこの目標50枚で結局46枚ほど書いて合格したので、製図試験合格を目指す方はぜひ作図枚数50枚をめざしてがんばってみてください。

50枚近く書けば作図のコツもつかめてきますし、いろいろな問題にも出会います。
私としては同じ問題を違うエスキースを考えて解くのは正直おすすめしません。
初めて問題を解いていく感覚は一回しか味わえません。二回目の問題を違う角度で考えても初めての感覚で問題を解くことは絶対にできないです。
初めて問題を解いていく感覚のなかでミスをしない練習が大切なんです。試験はみんな初めて出会う感覚の中でといてミスなく解いていかないといけないものだからです。

なので練習問題はできるだけたくさん手に入れることをお勧めします。
それはいろいろな出版社がだしている問題集を買い集めたり、模試をいろいろな学校のものを受けるなりして手に入れてください。
いろいろな学校の練習問題を解くとそれぞれ学校や出版社によって問題を作る思想が違うことが分かります。
一つの問題に対する思想をもった学校のものばかりしていて、別の学校の問題を解いてみると今までのパターンがハマりにくく違和感を持ちながら解かないといけなくなると思います。
でも、この感覚は大事です。
本試験は、どこの学校や出版社とも違う思想で問題を作成してくるからです。

たくさんの新しい問題をこなしてたくさんの枚数を書いてください。
そしたら合格でっきると思います。







 

資格の定期講習

先日、二級建築士定期講習を受けてきました。

昨年一級建築士に合格したのですが、二級建築士の定期講習が自動延長されるわけではなく
二級建築士の定期講習は受講しないといけません。
ただ、次回からは一級建築士の定期講習を受けることによって、二級建築士の定期講習は受講した
とみなされます。

一級建築士の許可証は国土交通大臣で、二級建築士は都道府県知事によって行われます。
なので一級建築士は二級建築士の上位資格ではありますが、上書きされるわけではなく
登録事項に変更があればそれぞれに届け出義務があります。
そういう法的義務はのこるので、一級建築士の登録申請を行ったとき二級建築士の返納の
進めを案内されました。
変更届のわずらわしさを考えると二級建築士を返納しようかまよいましたが、二級建築士も
それなりに苦労して取得したので思い出の一つとして持っておくことにしました。

定期講習は、ひたすら講師が読み上げる講習テキストに色ペンでマークしていく作業になります。
講習の最後に修了考査があるのですが、その講習テキストを見ながら行えます。
講習をうけて色ペンできちんとマークしておけばほぼ大丈夫です。

定期講習は意味がないという方もおられますが、私は結構好きです。
好きといっても一日がかりなのは嫌ですが。
建築士法は何か大きな事件や事故などがあると、すぐに大きく変更されるのでその変更箇所などを
講習で確認できたり、建築士としての責務などをもう一度しっかり確認できたりしてためになっています。

資格には定期講習をうけないものがあって、そういった資格は仕事に関係があるもの以外は取得に
躊躇してしまいます。
消防設備士は甲4と乙7を持っていますが、この二つの定期講習は警報設備として一つの定期講習で
すみます。
他の消防設備士を取得場合は、消火設備や避難設備の受講が必要になってしまいます。
消火設備や避難設備に関しても直接の仕事の範囲内ではないですが、知っておいたほうがいい範囲なので
資格を取得したいとも思うのですが、定期講習がネックでいまのところ取得予定にはしていません。
消防設備士の場合は、消防設備関係の仕事をしているかどうかにかかわらず必ず5年に一度定期講習を
うけなければなりません。

消防設備士と同じ消防法関係の資格で、危険物取扱者は危険物を取り扱う仕事についていない場合は定期講習を受ける必要はありません。
なので危険物取扱者乙4を持ってますが講習は受けてません。
危険物取扱者乙4を取得したのは、発電機関係の設備に関わってくる知識なので取得しました。

定期講習は知識の更新ということで嫌いではないのですが。
定期講習が必要な資格は、なかなか受けにくいですね。


 
タグ絞り込み検索
QRコード
QRコード
google
記事検索
資格
*取得済資格*
●一級建築士
●二級建築士
●建築設備士
●2級電気工事施工管理技士
●第一種電気工事士(合格証)
●第二種電気工事士
●消防設備士 甲4類
●消防設備士 乙7類
●危険物取扱者 乙4類
●日商簿記 3級

*取得予定資格*
◎第三種電気主任技術者
〇第二種電気主任技術者
〇第一種電気主任技術者
◎技術士一次試験(電気電子)
〇技術士(電気電子)
〇エネルギー管理士
◎1級電気工事施工管理技士
〇電気通信工事担任者 総合種
〇電気通信主任技術者
◎設備設計一級建築士
◎ITパスポート
〇二級ボイラー技士
〇第三種冷凍機械責任者
Amazonライブリンク