建築設備関係資格を勉強するブログ

建築設備関係資格を中心にいろいろな資格取得をめざすブログです。

雑談

注意しないといけないこと

電験の試験と直接関係ない話ですが、電気設備設計の仕事をしていると、空調機の更新工事などで高調波対策の必要があるのかないのかを判断しないといけない場面が出てきます。

空調機はだいたいビルマルを使うので、本体にアクティブフィルターが必要なのか必要でないかを判断しないといけません。
アクティブフィルターを付けると結構な値段するので、きちんと検討してから着けることを判断しないと大変なことになります。

その時に高調波抑制対策ガイドラインにそって計算します。
2014年にガイドラインが改正されてから以下の4要件が全てそれっていれば高調波流出電流の計算は不要となりました。

①高圧受電
②ビル
③進相コンデンサが全て直列リアクトル付
④換算係数Ki=1.8を超過する機器がない

この4つの条件がそろえば検討は終了です。それ以上高調波について検討する必要はなくなります。

このなかでなかなか難しいのが④番の換算係数Ki=1.8を超過しないということです。
今回更新するビルマルは全部1.8以下だから問題ないとおもっていると大間違いです。

ビルにエレベーターついてませんか?
今のエレベータはだいたいインバータがついていると思うのですが忘れてませんか?

結構、エレベータは高調波対策してなくて換算係数3.4だったりします。

空調機の入れ替えだけだと高調波抑制対策の検討はいらないとおもってると、意外なところに落とし穴があるので注意が必要です。
1.8を超過する機器がない場合、検討不要となるわけですから3.4のエレベータがあると計算をして検討をする必要が出てきます。

空調機の換算係数1.8でも計算してみると結構な高調波流出電流があります。
換算係数1.8を超過しているエレベータがあると高調波対策が必要になってアクティブフィルタをつけることになったりします。

「空調機は1.8だからほとんどのビルでは検討不要だよ」とおもっていたらご注意ください。

逆にほとんどのビルで検討が必要になるかも?





時間の流れが速すぎて

時間の流れがはやすぎて、なかなか勉強が追い付かないでいます。
ただ、電気設備設計をしていてわからなかったところなどで、「なるほど!」こうなってたのかって思えるようなところに出会うと勉強も楽しくなります。

もうすぐゴールデンウィークですが休んでられません。
このゴールデンウィークにあるていど勉強してもっと電気の理解を深めていかないとなりません。

今、シーケンス制御やフィードバック制御のところをコツコツと勉強しているのですが、シーケンス制御は電気設備設計をしてると動力制御ばんなどでよく出てくるのですごく興味がわきます。

ここを細かくやりすぎても試験には意味がないのですが、実務的にきちんと理解したい部分です。

いつもだいたい言葉でどういう制御になっているかや、使いまわしのフォーマットを利用して動力制御盤をかいて、それで盤屋さんがきちんと制作してくれるので図面にシーケンス制御を書くことは、私の場合ないのでちょっと読めるようにはなりたいとおもってます。

電験三種のための勉強はというとなかなか進んでません。でもあきらめずにコツコツはやってます。

つづけることがだいじ・・・


 

なぜ資格をとるのか

たくさん資格を持っていると、ただの資格マニアかと思われがちですが私の場合は仕事に関連するような資格しか取得していません。

まったく関係ないようなものまで勉強できる集中力も根性もまったくないので、仕事関係の知識を得るために資格を取得しています。
少しでも仕事に関連する範囲がその資格に入っていたら受けてみようかと思っています。

資格を取得する・しないは人それぞれだと思うのですが、資格を取得するほうが絶対に仕事がはかどるようになると私は思っています。

資格を取っても意味がないという人は、だいたい資格を持っているからといって仕事はできないと思っているからだと思います。
それはおおむね正しいと思います。資格を持っているからと言って仕事ができるようになるわけではありません。

資格は、だいたいその仕事をしていくうえで最低限知っておいてほしい共通知識を取得するものです。
共通知識というのは基礎的知識であったり、最低限知っていないと危険なことになったりする部分です。

資格を取得することでそういう基礎的知識を身に着けることができます。
基礎的知識では仕事はできません。建物と同じです。基礎だけでは何の利用もできず役に立ちません。基礎の上に建物が建ってはじめて利用できるようになり役立ちます。
その役にたつ建物部分を高くしようと思えば思うほど基礎は大きくなり深くなります。
建物の高さに比例して基礎がしっかりしていないといけなくなります。

知識も同じだと思ってます。基礎的知識だけでは役に立ちません。でも、より高い知識を得ていこうと思えば基礎がきっちりできていないと積み上げられません。どこかでつまずきます。

今、電験三種の勉強をしていますが、基礎的な数学知識や物理知識がないためかなり苦戦しています。
上の知識を得ていこうとおもったら、やっぱり基礎的知識が必要なことを痛感しています。

いろいろな資格がありますが、自分の仕事にいかせるような資格があるならばチャレンジしてみてはどうでしょうか。
 

衝動買い

電気関係の本をついつい衝動買いしてしまいました。

ビギナーのための電気Q&A
現場技術者のための電気Q&A
史上最強図解 よくわかる消防法
SPD・避雷器と耐雷トランスを用いた雷保護
接地・等電位ボンディング設計の実務知識

大きめの本屋へ行って電気関係のところをうろちょろしていたら、たくさん買ってしまいました。
計1万円ちょっとはしたでしょうか。 

接地関係の本は一度きちんと読んでみたいと思いつつ、安くはないので買うのを戸惑っていたのですがついに決心して購入。
電気Q&Aや消防法の本は、ぱらぱらと立ち読みをしていると自分の知らなかった部分のところや悩みどころなどが書かれていたので読んでみようと思いかいました。

月刊誌の電気計算を買っているのですが2月号をまだ読まないまま放置してるのに、3月号が届いてしまった。

積み本が増えていく。。。。 

あけましておめでとうございます。

2017年。あけましておめでとうございます。

今年の目標は電験三種合格です。

あと、ブログは土曜日か日曜日に必ず週一回は更新をするというのを目標にします。
電験三種の勉強進捗状況の報告や自分の取得してきた建築士資格や建築設備士資格の情報などいろいろと書いていければと思います。

建築士試験の場合は、いろいろと情報もありますが建築設備士のほうは情報すくないので、建築設備士の試験勉強法などもうすこし書いていければいいかなとおもってます。

建築設備に関わる方たちを応援していきたいですし、自分ももっと建築設備を勉強して高い技術力をもった技術者になっていきたいと思ってます。

2017年もよろしくお願いいたします。 
タグ絞り込み検索
QRコード
QRコード
google
記事検索
資格
*取得済資格*
●一級建築士
●二級建築士
●建築設備士
●2級電気工事施工管理技士
●第一種電気工事士(合格証)
●第二種電気工事士
●消防設備士 甲4類
●消防設備士 乙7類
●危険物取扱者 乙4類
●日商簿記 3級

*取得予定資格*
◎第三種電気主任技術者
〇第二種電気主任技術者
〇第一種電気主任技術者
◎技術士一次試験(電気電子)
〇技術士(電気電子)
〇エネルギー管理士
◎1級電気工事施工管理技士
〇電気通信工事担任者 総合種
〇電気通信主任技術者
◎設備設計一級建築士
◎ITパスポート
〇二級ボイラー技士
〇第三種冷凍機械責任者
Amazonライブリンク