建築設備関係資格を勉強するブログ

建築設備関係資格を中心にいろいろな資格取得をめざすブログです。

電験三種⇒建築設備士

電験三種を受験資格にして建築設備士の試験を受ける人はどれくらいいるのでしょうか。

建築技術教育普及センターの平成28年度データによると二次試験までの合格者のうち、空調設備関連職種が41.6%、衛生設備関連職種が15.3%で両方合わせて56.9%と半分以上を占めています。

電気設備関連職種は24.3%と空調衛生設備に比べると少なめです。

職務内容としては設計が49.7%を占めるので、維持管理の電気主任技術者で建築設備士を受けようとする人は少ないのでしょうか。

受変電設備の維持管理で仕事をしている人には建築設備士取得のメリットはそれほどないですからね。

受変電設備の維持管理の仕事から設計の仕事へと転職したいと思っている方には建築設備士資格の取得がおすすめです。

意外に電気設備設計者は少ないですから。
電験と建築設備士を持っていれば、設計は未経験でもどこかの設計事務所に潜り込めるかもしれません。

そうしたら二級建築士も一級建築士もめざしていけますし仕事の幅が広がります。

電験を持っていて、建築設備士を受けてみようか迷っている方は、まだ申し込みは間に合いますし一度チャレンジしてみてはどうでしょうか。

自分の仕事の幅も広がって、将来の選択の幅も広がるとおもいます。






 

建築設備士願書頒布開始

平成29年度の建築設備士試験願書の頒布が開始されました。
詳しくは公益社団法人建築技術教育普及センターにてご確認ください。

 電験三種の勉強でむずかしいといわれる機械のところにはいってテンションがダダ下がりしてしまってます。

知らないほうが幸せだった。

4科目の中で機械はむずかしいというのはよく情報として耳にはいってました。でも、まったく問題等をみていない状態だったので、なんとか乗り越えられるだろうと軽い気持ちでいたら、これは厳しい。

なかなかむずかしいですね。

勉強もいきずまりはじめて苦戦中です。

これも理論をしっかりと押さえられていないからだと思いますが。
なんとか機械を理解したい。

乗り越えられるか。


 

衝動買い

電気関係の本をついつい衝動買いしてしまいました。

ビギナーのための電気Q&A
現場技術者のための電気Q&A
史上最強図解 よくわかる消防法
SPD・避雷器と耐雷トランスを用いた雷保護
接地・等電位ボンディング設計の実務知識

大きめの本屋へ行って電気関係のところをうろちょろしていたら、たくさん買ってしまいました。
計1万円ちょっとはしたでしょうか。 

接地関係の本は一度きちんと読んでみたいと思いつつ、安くはないので買うのを戸惑っていたのですがついに決心して購入。
電気Q&Aや消防法の本は、ぱらぱらと立ち読みをしていると自分の知らなかった部分のところや悩みどころなどが書かれていたので読んでみようと思いかいました。

月刊誌の電気計算を買っているのですが2月号をまだ読まないまま放置してるのに、3月号が届いてしまった。

積み本が増えていく。。。。 
タグ絞り込み検索
QRコード
QRコード
google
記事検索
資格
*取得済資格*
●一級建築士
●二級建築士
●建築設備士
●2級電気工事施工管理技士
●第一種電気工事士(合格証)
●第二種電気工事士
●消防設備士 甲4類
●消防設備士 乙7類
●危険物取扱者 乙4類
●日商簿記 3級

*取得予定資格*
◎第三種電気主任技術者
〇第二種電気主任技術者
〇第一種電気主任技術者
◎技術士一次試験(電気電子)
〇技術士(電気電子)
〇エネルギー管理士
◎1級電気工事施工管理技士
〇電気通信工事担任者 総合種
〇電気通信主任技術者
◎設備設計一級建築士
◎ITパスポート
〇二級ボイラー技士
〇第三種冷凍機械責任者
Amazonライブリンク